メゾネットに憧れます

マンション巡りが大好きです。
以前は高層マンションがお気に入りでした。高くそびえる様を眺めるだけで、なぜか元気が出るような気がして。
マンションを巡ると言っても、ただ外観を眺めるだけじゃ物足りなくなって、近ごろはモデルルームなどを見学するのが趣味になりました。
近ごろのお気に入りはメゾネット。メゾネットというのは、部屋の内部に階段があり、2階層以上になっている住戸のこと。マンションでありながら一戸建てのような気分が味わえる贅沢なお部屋です。
いつかメゾネットタイプの部屋に住みたい!と思っています。メゾネットはそれだけ広さがありますから、お値段のほうもなかなかですよね。理想のお部屋に出会うまで、マンション巡りを続けてみたいと思っています。

高層の分譲マンション

高層の分譲マンションが人気を集めています。タワーマンションと呼ばれるような超高層の分譲マンションなども人気が高いようですね。
高層の分譲マンションの魅力とはなんでしょう。まず一つに展望の良さがあげられます。やはり窓からの眺めが良いというのは、住まいを選ぶ際に重要な一つの要素になりますよね。また、エントランスラウンジやスカイラウンジなど設備が充実しているところが多いのも魅力です。
そしてなんと言ってもステータス感がありますよね。高層マンションは都心にあるものがほとんどですから、ショッピングや観劇などにも便利だし、交通の便が良いのも特徴です。高齢者に人気があるのも、周囲に様々な設備が整っていることがあげられるでしょう。そのために、資産としての価値も高いんですね。

タワーマンションの例

タワーマンションとは、タワーのように高く上に伸びた超高層マンションのことです。「眺望」「窓から覗かれない」「日当たりがいい」などのメリットや「セレブ感」などから、高い人気があります。

タワーマンションの例として最も有名なのは、やはり六本木ヒルズレジデンスでしょう。2010年夏にあのGoogle東京オフィスもヒルズに移転予定とのこと。

さすがにヒルズ族になるのは無理でも、タワーマンションなら頑張れば引っ越せるかも・・・。南向きの部屋はもちろん日当たり抜群ですし、北向きでも高層階だと大変明るく、日中は照明をつけなくても良いそうです。いろいろ魅力的ですね。

デザイナーズマンション

デザイナーズマンションってご存じでしょうか。住めればいい、よりもワンランク上を目指した感じの、おしゃれな内装・外装のお部屋のことです。

よくあるタイプは「コンクリート打ちっ放し」「間接照明」「ガラスの洗面台」「螺旋階段」「猫足バス」など。デザイン性重視なので居住性や使い勝手の面ではやや不安があるものの、物件情報に「デザイナーズマンション」という文字が光っていたら、試しに覗いてみるのがオススメですよ。友人を呼びたくなるような部屋であることは間違いなし。